日々の出来事や子どもたちのこと、思ったことについて綴ります♪
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
教師という仕事
私の旦那は、公立中学の教員をしている。

ここ最近、教育現場にまつわるいろいろなニュースが取りざたされている。
教育基本法の改正だったり、いじめ自殺問題だったり、
履修不足問題だったり。

これらについて、旦那の思ってることを
きちんと聞いたことはないけれど、思うところはたくさんあるのだろうと思う。

そんな中、いじめ問題と履修不足問題で
2人の校長が自殺した。
世間にばれたからってこんな責任の取り方はあるのか?

確かに教員という仕事はハードだ。
旦那を見ていると本当にそう思う。
日常の業務に追われ、100%ボランティアのクラブ活動に明け暮れ
土日もほとんどない状態。
生徒だけではなく、時には常識の通用しない
保護者の対応もしなければならず。
切羽詰った仕事があると、家に持ち帰り
夜遅くまで仕事をしている。
そんな旦那を見ていて、学校の先生にならなくて
本当によかったと思うほど。

だけど、その仕事に責任を持っているのであれば
死んで責任取ります、みたいなのは許されるのか?
それこそ無責任極まりない。




ここで、旦那がもしこの立場だったらどうするか考えてみた。
そうだな。
きっと、自殺なんて道は選ばない。
そんな無責任なことはできない人。
それでも精神的には相当まいるんだろうと思う。

それを家だけでケアできるのかな。
私に支える力があるのかな。
いや、支えなきゃいけないんだよね。
どんなことがあっても。



ちょっと待て。
何で問題が起こる前提で話してるんだ?私。
旦那が責任者の立場にいたなら。
きっとこういう問題は起こさないだろうと思う。
まじめすぎるぐらいまじめな人だし。
教師という仕事を責任持ってやってるし。



全国の先生よ!
教師になったからには
その仕事にもっと責任を持ってやってください。
これ以上、嫌なニュースは聞きたくないのです。


いろんなブログを見て、いろいろ思うところがあって書いたけど
なんだか取り留めなくなっちゃったな^^;
何が言いたいのかというと、自殺する勇気があるならなんだってできるはず。
命を粗末にするな!ということです。


| 23:12 | 思ったこと | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
私の父は、公立小学校の教師をしていました。
教師は大変ですね。
お堅い職業ってだけで、ちょっとの事で大きなニュースになってしまうし。夏休み・冬休み・春休みをまるまる休んでると思われたり。
「公務員はいいね」発言とかね。
成績処理の時期なんて、連日深夜まで仕事してるんだけどなあ。
今の保護者は、奇特な人がたくさんいるようだし。

話がそれましたが、私も「自殺」という責任の取り方はありえないと思います。
よくある「辞職」というのも、責任としてどうなのかなあ、と思います。
きちんと問題に立ち向かって、それを処理してから辞める方法もあるはず。

っていうか、履修不足自体、ええーっ、て思ったよ。
受験に必要な科目だけ勉強すればいいって?
教育者がそんな考えでいいんかいっ。
だったら塾に行って大検受ければいいんじゃん。
| 栗ごん | 2006/11/15 00:38 |
まぁ、命あっての物種、ってヤツ?
生きているからこそ償える事もあれば
生きているからこそ全う出来る責任もある。

校長に限らず、いい大人が自殺に逃げちゃイカンよね。
子供は見ていない様でも、大人の背中を見ている。
目の前の大人が安易な方法を選べば
そりゃ真似したくもなるってモノでしょう…

あ、消費者金融の回収追い込み自殺は別物だけどね。
あれは事実上の『殺人』。
借りたお金を返すのは、当然の事としても
(返す必要や能力が本当に無い場合には
 救済措置もあるしね)
本来なら、専門の事務所や弁護士に
相談する事さえ出来れば、むしろ返金があって
自殺するなんてもっての他、という状況の人も
かなり多かったりするしね…
考えようによっては、一部は自業自得の自殺なんだけど
それを前提とした説明不足の貸し出しと
それを目的とした強引な取立ては
これは金融会社に責があることだしね。

話がずれた(苦笑)

まぁ、自殺はもっての他って事で。

あと、最近教員が良く取りざたされるけど
ココにも『悪目立ちの法則』は該当すると思うよ。
全ての教員が『問題あり』では無いのに
一部の問題ある教員のせいで
まともな教員が一番、割を食っているんじゃない?

いじめ問題の根本は、家庭教育
(特にいじめに廻る側の親の)に
根本原因が隠れていると思うんだけどね…
それに加えて、極度の『非体罰主義』。
学校を『叱る事の出来ない場所』に変えてしまった事が、
問題を大きくしているような気がする。
| ままん | 2006/11/15 01:00 |
きちんと頑張ってる先生にしたら
今回の一連の騒動?はかなり哀しい出来事だなぁ。
家族そっちのけで頑張る先生ももちろんたくさんいるんだろうし
先生という職業を選んだ時点で気持ち引き締めて頑張って欲しいと思う。

・・・とはいいつつ、家族は大変だなぁ・・・がんばれ^^
| セラ | 2006/11/15 09:42 |

うん。
そんな責任の取り方はないな。
一番無責任だと思う!

私の伯父や従兄弟たちも、
教員が多いのね。
校長をやってた人もいるし、
校長をやってる人もいる。
そりゃハードだし、休めないし。
でも、そんな中でも、
やっぱり自分が仕事として選んだ職業だから、
責任を持ってやってると思う。
辞職っていうのも、私もどうかと思うなぁ。
きちんと片づいてから、
辞めるんならまだ分かるんだけど。

でね。
自殺は“勇気”じゃないと思うよ。
ただの“逃げ”。
私から見たら。
自分がその立場から逃げたかった、
逃れたかっただけ。
ただ、それだけのことだと思う。
子供の手本にはならないよね。
教員だけに限らず、
子供達の手本となるはずの大人が、
そんな道を選んじゃいけないよね。
| おー | 2006/11/15 11:14 |
こんな記事があった。
まともな意見を持つ、現状を見る目のある教員も
居るところにはちゃんと居るよね。
目立ってくれないというだけで。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20061115k0000e040021000c.html
| ままん | 2006/11/15 12:59 |
>栗ごんさん
お父さんも教員だったんだね。
ほんと、成績つけなきゃいけないじきは
旦那も大変そう。
3年生を受け持ったりすると、
それに加えて受験事務があるので
それが終わるまでは仕事に追われてるし。
「公務員」といっても特殊な部類だと思うので
一緒にはして欲しくない、というのが本音です。

で、本題。
やっぱ自殺じゃ責任取ったうちにはいらないよねぇ。
死ぬ気になればなんだってできると思うのに。
自分の仕事に責任を持ってれば
そんな方法は取れないと思うんだけどね。

>ままん
そうね。
今回のと借金苦の自殺はまたちょっと
種類が違うね。
自分で命を絶つってことに憤りは感じるけど。

今ってなんでもかんでも
「学校の責任」っていう流れでしょ?
しつけも学校任せ、みたいな。
そりゃ親の仕事だろうってのも先生に押し付けがちで。
そのくせ、ちょっと手を出せば「体罰」って騒ぐ。
昔はこんなじゃなかったような気がするのに。
先生も大変よ〜。

で、リンク先の記事読んだよ。
まったく同感。
こういうのこそもっとニュースで取り上げるべきよね。

>セラリンコ
どんな理由で「教師」という職業を選んだとしても、
その仕事をするのならもっと責任を持ってやって欲しいよね。

そう、家族は大変よ〜〜〜。
ありがと。頑張るわん^^

>おーちゃん
多分ね、うちの旦那やおーちゃんの親戚のような
教員の方がたくさんいると思うのよ。
そういう人たちが表に出てこないだけなんだよね。

自殺。確かに『逃げ』だけど。
高いところから飛び降りたり
首つったりするのってかなりの勇気がいると思うのね。
そんな勇気があるのならなんだってできるんじゃないかなぁと。
これは大人の自殺に限らず、
いじめを苦に自殺する子どもたちにも言えることなんだけど。
その勇気を他の方向に向けることができるんじゃないのかなって。

でも、そのためにはまず
大人が手本になるようにしなきゃだめだよね。
| みんなへ  まみー | 2006/11/15 21:39 |









 
この記事のトラックバックURL

http://akky-1220.jugem.jp/trackback/455
| 未来有希 Part2 | 2006/11/15 22:28 |
今回は、次の記事に感化されて書いてみました。 みき様のブログ まみー様のブログ ...